« 「はなをぷーん」を肯定する | Main | 「鳴り始めた恋のBELL」を肯定する »

September 06, 2007

メジャー版「お願い魅惑のターゲット」を肯定する

さて、「やってくれる・・・!」である。池田秀一の声で読むと雰囲気出るかもしれないが、こんなセリフがあったかどうかは覚えていない。

とにかくまずはジャケ写に触れないわけにはいかない。もちろん僕も腹抱えて笑わせてもらった一人だ。同じモチーフ(微妙に違うが)を使ったPVでもさらに笑った。なぜかメロン記念日に「笑い」を求めてしまうおかしなファンとしては非常に満足。

まぁエアボーカル選手権も含めていわゆる「お遊び」の範疇なのだと思う。リミックスを入れるとしても曲そのものは同じなのだから何か「仕掛け」を入れたいね、というくらいの。
とはいえ、意外にこれは深い。
ジャケットに歌っている人の写真を使わない、というのはドラマやアニメで使われている曲には珍しくない話だが、一応のタイアップはあるもののそれともまったく関係がないというジャケットはあまり見かけない。それともハロプロコーナー以外の棚にはよくあるのだろうか。

まるで浮動層へのプロモーションを放棄したかのような、「買ってくれるのは固定客の皆さんで、みんなシャレのわかる人たちだからコレで楽しんでもらおう」という割り切りがむしろ痛快で、意味もなく「やれるもんならやってみろよ」と誰に対してかわからないが無駄にふんぞり返りたくなってしまう。
逆に「これはジャケ買いだ」という反応もあったりするのがまた面白い。安倍なつみの『ザ・ストレス』の時は素材が素材だっただけに「なにかポリティカルな意図があるのか」という深読みが誘発されて楽しめなかったことを思い出すが、こちらは意味を感じさせないから頭を悩ませる必要がない。どこまでも気楽だ。


・・・曲の話もしましょうか(笑)。
ライブ会場でいきなりマンゴープリンMIXを聴いた時は面食らったが、落ち着いて聴いてみるとなかなか気持ちがいい。レゲエ調にアレンジという表現でいいのだろうか? ムーンライダーズの『La Cafe de la Plage』というミニアルバムがそんな風な宣伝文句を使っていた記憶があって、収められた曲はなんとなく似ているのだけど。
オリジナルnew ver.の方は、聴き比べないと違いがわからないのは僕の耳(もしくはアタマ)の出来の問題? 評価の高い曲だけに細部のブラッシュアップにとどめたというところだろうか。
ともかく、これで「聴きたいけど手に入らない」状況は脱したわけで、素直に喜びたい。


メロン記念日という存在(恐らくはそこにファンも含まれていると思わせてくれるのが嬉しいところだ)は、安定しているというかいい具合に成熟しているというか、とてつもなくいい空気を持っている。それはとても幸せなことであると思う。

|

« 「はなをぷーん」を肯定する | Main | 「鳴り始めた恋のBELL」を肯定する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メジャー版「お願い魅惑のターゲット」を肯定する:

« 「はなをぷーん」を肯定する | Main | 「鳴り始めた恋のBELL」を肯定する »