« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.29

簡単なこと

難しい話じゃない。

「女の子には優しくしようぜ」

それだけの話。
だって、女の子に優しくできるのは男の子の特権だから。
無駄に歳だけとっていつまで経っても成長しない「オトコノコ」としては、やっぱり女の子には優しくしたいなぁ。
「好きな女の子にはつい余計なちょっかいを出しちゃう」のも、ものすごくわかるけど。
ちょっかい出された女の子のふくれっ面も、ものすごくかわいいけど。
でもね。
優しくしてあげると、人は笑顔になる。
女の子の笑顔っていうのは、それはもう素敵なものだよ。

続きを読む "簡単なこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.27

コメントレス(本日分)

続きを読む "コメントレス(本日分)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、またお前は騙されたわけだが。

あー、冗談ですごめんなさい。ちゃんとやります。


この手の話は、正直いって話題にのぼるだけでウンザリである。
読んで楽しい話じゃないのは明らかだし、こういう話をする人には「まっすぐ」な人が多いので怒りや不快な気分までもまっすぐ出してしまうから、こちらも正直な感想を述べるなら、読んでいられない。ネガティブな感情がむき出しになった文章は読みたくないんですよ、こちらにもネガティブになることを強要されているような気分になるから。
楽しく寝るキューの感想を語り合って盛り上がりたいのに「出てくる話がそれか!?」という気分にもなる。いわゆる「マナーの悪い客」と同じくらい情けない。

とはいえ、いつかどこかでぶつかる人が多いテーマでもあるし、語り、読まれることが抑止力のようなものを生む効果も実際に体験しているから、有意義であることは理解しているつもりだし、今この話題を語っている人たちはおおむね信頼できる人たちなので、我慢してつきあってみようかなという気にもなる。書きたくて書くわけじゃない、いわずにはいられない、という気持ちからやっていることだから、僕が読みたくないというのは、きっと小さなことだ。
そうだよね。こんな話、誰がやりたいものかよ。

続きを読む "さて、またお前は騙されたわけだが。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.24

フタシカ・タシカ

また考えていた。「寝る子はキュート」のことを。特に矢島舞美が演じた二人の人物を。テーゼは「なぜ僕はあの二人が好きなのか、『舞美が演じているから』ではない理由はあるのか」。

あった。それは実に、なぜ僕は「アイドル」という存在が好きなのか、なぜ矢島舞美が好きなのかを明らかにし、さらには僕そのものにも関わることだった。

最終日の公演を楽しみにしている人はこの先を読まないように。帰ってからのお楽しみにするほどでもないが。

続きを読む "フタシカ・タシカ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.22

「寝るキュー体験」は終わらない

まだ終わってない公演を総括しちゃうのもどうかと思わなくもないが。


前回の続きから。

高校生の時「芸術鑑賞会」という学校行事があった。母校のHPをチェックしてみたら、なんと今でもあるらしい。
そこで、事件は起きた。
後に何度かハロプロ関連のコンサートが行われることになるホールで演劇を見ることになったわけだが、何しろ昼間に学校の外へ出るという機会はなかなかあるものでもないので、それはもう遠足気分。
そのままの状態で幕が開く。みんなおしゃべりに夢中で舞台なんか見ていない。あまりの惨状に劇は中断。
先生が舞台に登場して怒る怒る。「この先生は何をそんなに怒っているのだろう」という雰囲気にはなったが、とりあえず静かになったのでその後無事に再開して閉幕。

今はその先生の気持ちが理解できるような気がする。

悪いことをしてちゃんと怒られるという経験を若いうちにしておくと、大人になってから思わぬところで役に立つ、というお話でした。


はい、じゃあ以下ネタバレあり。

続きを読む "「寝るキュー体験」は終わらない"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.06.20

些細で大きな瑕疵

寝る子はキュート。
ヲタフィルターを全力でかけて、細かいところは積極的に無視して。
それでもたった一つ、身悶えするほど心残りなことがある。

続きを読む "些細で大きな瑕疵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.05

がんばっちゃいな

「歌ドキッ!」を見ながら、思わず口をついて出た言葉。

高橋がんばれよ。

白状すると、僕は(かつて)5期ヲタを公言しておきながら高橋愛の魅力がよくわからないという体たらくで、あくまでも「5期の一人」でしかなかった。
たぶん、彼女一人に対してこういう思いを抱くのは初めてだ。

この瞬間、現実の出来事には若干遅れて、僕の中で高橋愛がモーニング娘。の6代目リーダーに就任した。


わざわざいわれなくても、頑張っちゃうし頑張ってるんだと思う。だから余計なお世話なんだろうけどね。

余計なことはいらない。
周辺事情なんか関係ない。
ポジティブな意味で、希望することも願いもない。
ただただ、新垣里沙と亀井絵里と道重さゆみと田中れいなと久住小春と光井愛佳とリンリンとジュンジュンと力を合わせて、また新しいモーニング娘。を作って、やっていけばいいんだ。

きっと積極的に現場へ行くことはないだろうけど、たぶん俺は陰ながら応援しているんだと思うよ。
夏ハロが違う意味でもちょっと楽しみになってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.03

「帰還~ただいま~」補足

オリジナル

続きを読む "「帰還~ただいま~」補足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

感情いちおくまんぱーせんと

(警告)
恐らくいつものことながら間違ったことを書いています。そして不愉快な表現があるかもしれません。現在心が波立っていらっしゃる皆様方におかれましては、これ以上の閲覧をご遠慮いただきたく申し上げます。
閲覧された方につきましては、上記の事柄をご理解あるいは無視されたと判断し、抗議の類は一切受け付けません。なお、本エントリはひとまずコメント・トラックバックを受け付けない設定をしております。

続きを読む "感情いちおくまんぱーせんと"

|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »