« 話題の件 | トップページ | コメントレス »

2008.04.10

雨の夜に

復帰に際し肯定・否定さまざまな喧騒をよそに四谷四丁目。一言だけ触れるなら、本人の意思より「このコでもう一儲けしよう」と目論む輩の意思の方が強く感じられてしまって、全面的に歓迎する気にはなれない。「利用する大人・利用される少女」の図式は何も変わっていないように思える。それで彼女は救われるのだろうか。彼女は救われなくていいのだろうか。いつまで消費され続ければいいのか。そこまでしなければならないほどの罪でも犯したのだろうか。

正午前後に到着しておくのが慣わしだが、前の仕事をしていた頃も夜に一人で赴いたりしていたので、個人的には何ら問題はない。大切なのは4月8日という日にそこに向かうこと。
ただ移動は大変なんだこれが。赤羽で埼京線に乗り換えるつもりが、気がつくと「まもなく上野に到着します」ときたもんだ。さすがに浦和で寝たらそうなるよね。


もう22年。存命であればすでに40歳を超えている計算になるが、18歳までしか知らない女性の40代の姿を想像することは難しい。

丸12年を迎えた年、ということはちょうど10年前。入学式帰りの女子中学生が真新しいセーラー服を風になびかせて目の前を通り過ぎていくのを見ながら、
「ちょうどあのコたちが生まれるか生まれないかの頃の話なんだよね」
そんな風に周りと話したのを思い出す。あの女子中学生ももう大学を出て社会人デビューする年齢になっている。残念ながらストライクゾーンから外れてしまったなぁ(笑)。


あの日ここで終わったことよりも、ここから始まったことの方が、今の自分には大きいかもしれない。
誰かとつながることによる充実感。そうしてつながった者たちの大きな力。たとえ出発点がこの上ない不幸な出来事だったとしても、これはたぶん幸せなことといってしまっていいと思う。

そして僕は、今も、今の仲間たちと、つながっている。
大事にしていこう。

|

« 話題の件 | トップページ | コメントレス »

コメント

重たい更新です。重いです。
可愛い座長さんのことだけ一言触れさせてください。
オーガさんの指摘した「図式」は普遍的なものだと感じます。
われわれの生全体がその図式の中にあると思うのです。
詳しくはURL欄にリンクしました。

投稿: 痛井ッ亭。 | 2008.04.11 23:25

こんにちは。僕も上の方と同じ考えです。踏まえて、以下は僕の考えなのですが、

>そこまでしなければならないほどの罪でも犯したのだろうか。

はい。そこまでしなければならないほどの罪を彼女は犯してしまいました。だからこそ、僕たちオトナは彼女を罰したのだと。それを二年もたった今さらになって、疑問に思ったりしたら、それこそずっと罰を受け続けた彼女が救われないと思うのです。辛くても必要な罰だったと信じること、強いてはそれがベリーズちゃんや℃-uteちゃんを守ることに繋がっていくと思います。

同時に僕たちオトナは正義のためとはいえ、高々幾本かのタバコを吸ったという過ちしか犯していない少女の人生を滅茶苦茶にするという、誰に罰せられることのない罪を犯したと思っています。僕はこの十字架を一生背負って行くつもりです。責任、といえばおかしいのかもしれませんが、推しであるからというか、彼女のことが好きなので。

投稿: たんぽぽ | 2008.04.12 14:37

たんぽぽ様こんにちは。
>罪でも犯したのだろうか。
もちろんオーガさんは「否」という意図で書かれていると思います。
わたしも「罰」は不当であったと考えております。それを正当化は出来ません。
詳しくは、ttp://kameieri.koiwazurai.com/amor/mikitty2007.html
をご覧いただければ幸いです。

投稿: 痛井ッ亭。 | 2008.04.12 20:17

痛井ッ亭。様、はじめまして。ヨーマさんの所などでお名前は伺っております。
以下もまた僕の考えなのですが、

まず二年前や一年前に彼女が破ったものは「アイドルの恋愛禁止」というような非人道的なものでもなければ暗黙の了解という胡散臭いものでもなく、児童保護のために定められたれっきとした法律です。大目に見ることはできないと思うのです。もし大目に見て、事務所が甘い裁きしか下していなかったら、彼女自身は回りから「甘い裁きしか受けずにのうのうとしている厚かましい人間」としか見られなくなったかもしれないですし、事務所も「身内を甘やかす会社」として見られ、どこの企業も寄りつかなくなる。そうなれば他のメンバーにも累が及んでしまう事にもなりかねなかったと思うのです。

つんく♂氏も彼女の解雇を聞いたとき『ルールはルール(仕方ない)』と言葉を残しております。ルールは正義と置き換えられるでしょうか。僕たちがまだ二十歳にも満たなかった少女である彼女の人生を滅茶苦茶にして罰せられずに済んでいるのはこの正義が盾としてあるからです。余談ですが『正義』の本質は『残酷』です。で、その本質を見抜くからこそ、残酷であるということに自覚的になるからこそ、踏まえるからこそ、そのぶん人は誰かに優しくなれるのだと思っています。

もちろん僕も個人的には「>罪でも犯したのだろうか。」という疑問に「否」と叫びたいです。でも「否」と叫ぶことができるのは彼女から奪ってしまった2年間をその彼女に返すことのできる人間だけだと思っています。僕にはそれができません。できないからこそ、「否」とは叫びませんし、せめて彼女を罰したのは自分なんだと、自分の手で彼女を罰したんだと思っておきたいのです。

彼女を手に掛けてしまったオトナとして、彼女から奪ってしまった2年間をそっくりそのまま返すことはできませんが、別の形でも、少しでも返そうと思っています。それは僕の場合、いつか彼女に心の底から幸せだと思ってもらえるようになって、そのときにこの2年間を振り返った彼女に「ああ、あのとき罰を受けて、結果としてよかったなあ」と思ってもらえるように想いを注ぎ込み、応援を続けることです。

リンク先はとりあえず見出しだ拝見させていただきました。リンク先は今回のくだんの彼女ではなく、藤本さんのことを書いておられると判断したので、深く読まずに先にレスをさせていただきました。これから詳しく拝見させていただきます。

最後に、オーガさん、長文でのブログ汚し失礼致しました。

投稿: たんぽぽ | 2008.04.13 02:27

すいません!勘違いしてました!
オーガさんとたんぽぽさんが言われているのはあいぼんのことですね!
僕は「可愛い座長さん」(みき。)のことだと、てっきり。
そりゃー話がかみ合わないわけだ。(笑)
本当に申し訳ないです。
復帰と聞くと美貴ちゃんしか思い浮かばない自分の愚かさよ。
あいぼんに関しては完全に同意です。
一応、未成年のタバコはいけませんからね。
成人女性の自由恋愛とは別問題でございます。
コメント欄を汚して申し訳ありませんでした。

投稿: 痛井ッ亭。 | 2008.04.13 06:32

すみません、汚しついでに(「汚し」に「ついで」はあったらダメなんですけど・汗)
僕の方が早合点してるかもしれないと前置きしつつ、
この『>罪でも犯したのだろうか。』という疑問が美貴ちゃんに対してのものだったら僕もほぼ完全に「否」です。
本来微笑ましいはずの恋愛なのに、なぜ処分を受ける必要があるのか・・痛いッ亭。さんほど激しくはできないかもしれませんが、「人権・人道<商業主義」の図式に対しては僕も戦ってゆきたいと思います。

投稿: たんぽぽ | 2008.04.13 10:46

すみません、お名前間違えてしまいました(激汗
痛いッ亭。さん⇒痛井ッ亭。さんです。
申し訳ありません(泣

投稿: たんぽぽ | 2008.04.13 10:48

わたしも汚しついでに(ヲイ
名前は間違われることのほうが多いので大丈夫です。痛ちゃんでOKです(笑)
あいぼんについては、
ttp://kameieri.koiwazurai.com/trash/kagoai_dokyu2007.html
↑というのが、わたしの感じたことです。昔の文章ですが。
これに、続きを書き足すことに、今後なっていくのかなあ、、

投稿: 痛井ッ亭。 | 2008.04.13 15:46

すみませんありがとうございます。
でもさすがに痛ちゃんはちょっと・・(笑)。これからも痛井ッ亭。さんで。
今回のURLの分も拝見させていただきます。

投稿: たんぽぽ | 2008.04.13 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の夜に:

« 話題の件 | トップページ | コメントレス »